投資💹

最近の投資作戦(コア・サテライト戦略)をまとめてみた

スポンサーリンク

こんにちは。
震えるこころ(Twitter@kokorohurue)です。

今年から本格的に投資を勉強しながら実践してきたのですが、現状の投資スタイルをまとめてみようと思い書き始めました。

昨年からちょこちょこCFDや個別株を触ってきましたが、コロナショックで一気に資産が目減りしたことで高配当投資とつみたてNISAに目覚めることで

現状の方法に行き着きました。

ということでいきましょう↓↓↓

 

コア・サテライト戦略

まずはこれですね。この言葉を最初から知っていたわけではありませんでしたが、行き着いたところがここでした。

なぜならそれまでは適当に個別株を触ってきたり、CFDでレバレッジの効いた投資よりも投機に力を入れていました。

そのためある程度は稼げていたのですが、今回のような暴落の時に一気にお金をなくてしてしまいますし、値動きが気になりすぎて仕事に集中することができませんでした。

なのでデイトレなども向ていないだろうなと思っています。

そのため長期的な投資の方が自分に向いていますし、そちらの方が利益が出ているというのが現状です。

個別株のファンダメンタルをみたり、テクニカルをみたりしてスイング取引もしたいのですが、それは余裕資金でのサテライトの方になり

コアな部分はしっかりコツコツやっています。『コツコツが勝つコツ』最近この言葉をよく使いますが、投資をやるきっかけになった人でラテまっちゃさんですね。

さらにリベ大の両学長、最近では株の買い時さんなどのYouTubeで勉強をしています。

ということで次からはコアの部分です!

 

コア戦略1 つみたてNISA

これはかなり重要ですし、はじめやすいですし、全国民これをやった方がいいと思います。

これなら負けないというわけではないですが、長期的には株価はあがっていくと考えるなかでじっくり腰を据えて、株価を見なくても続けられるものだと思っています。

はじめは良く分からず初めていましたが、つみたてNISAとは

投資信託のことで、その投資信託の利益に税金がかからないもの位の理解でいいと思います。

いろいろな株の詰め合わせを簡単に買えるものであり、便利ですが手数料もかかるので出来るだけ手数料のかからないものを選定する必要があります。

その中で私が選定したのが

✅SBIバンガード S&P500インデックスファンド

です。

これはS&P500に連動する投資信託の中でも一番手数料が安いものになります(2020年11月現在)

つみたてNISAやりはじめた時は、毎日どうなっただろうと気になってみていましたが最近はたまにしか見ていません。

ちなみに私は毎日買い付しており1日1600円程度土日、祝日を除いた毎日、自動積立購入をしているので何もすることがありません。

4月から積み立てをしていて

現状こんな感じです↓↓

 

11月9日夜の超絶急上昇の前日の金額なので、書いている本日は含み益20,000円超えると思います🥰

このつみたてNISAについては毎月33,000円位の資金投入となります。

 

 

コア戦略2 高配当株投資(日本株)

続いてはこれですね。

こちらについても日本相場がやっている日には必ず1銘柄以上購入しています。

コツコツ積み立てしているので、私が利用しているのは

✅SBIネオモバイル証券

です。

こちらは通常100株単位でしか購入できない株を1株から購入することができます。

私がメインで購入してるサムティやオリックス、KDDIや三菱商事など

1400円~3000円位で購入することができます。

4月からネオモバ投資をはじめて現状こんな感じです↓↓

 

80万円を超えてきました!!

利益も9万円超え

順調です。

はじめた当時は月に10万円くらい入れることもありましたが、現状では月に40,000円ときめて投資をしています。

ちなみにまだ1銘柄も売ったことはありません。すべてずっと積み立て中です(笑)

投資金額が多いものとしては

✅サムティ 4.5%
✅JT 7.4%
✅オリックス 5%
✅三菱商事 5.4%
✅東京海上HD 4%
✅三井住友フィナンシャル 6.1%
✅KDDI 4%

あたりがメインですね。どれも安定していて、高配当なものばかりです。

現状では利回り4%(税引前)超えているものを狙って投資しています。

さらに連続高配当もしくは減配していない配当銘柄を重視しています。

それにより安定したマネーマシーンをつくることができます。

目標は年末で評価額100万円、利益10万円ですが、なんかここ数日の爆上げでいけるのではないかなーと目論んでいます。

 

コア戦略3 高配当株投資(米国株)

さらに高配当投資になりますが、アセットアロケーションを考え日本株ばかりにならないように米国株にも投資しています。

現状1割くらいになっていますが半分くらいは米国株投資にしようと現状コツコツ投資しています。

 

米国株投資についてはこの本を読んで学びました。2冊紹介します。

 

バカでも稼げる「米国株」高配当投資 /ぱる出版/バフェット太郎
by カエレバ

 

本気でFIREをめざす人のための資産形成入門 30歳でセミリタイアした私の高配当・増配株投資法 /実務教育出版/穂高唯希
by カエレバ

 

 

基本はバフェット太郎氏の米国株高配当投資を基にポートフォリオを組んでいます。

現状のポートフォリオはこんな感じです↓↓比率だけになりますが・・・

 

 

現状はまだ買い始めたところですが、ゆくゆくは同じ割合にしたうえで、購入時期に一番評価額の低い銘柄を買います戦法で行こうと思います。

これはバフェット太郎氏の本の内容ですので、良かった読んでみてください。勉強になります。

米国株購入はこのようにルールを作っています。

ココがポイント

①1か月の中で第2金曜日と最終金曜日に月に4万円ずつ購入する。
②購入する銘柄はその時に一番評価額が低い銘柄を購入する。
③配当金がでてたら(米国株は年間4回出ます)それを再投資する。
④チェックするのは1週間に1回程度とする(現状は守れていませんが🤣)

 

このルールを守りながら、現状は55万円程度の評価額になっています。(ここ最近はあまり守れていませんが・・・)

銘柄によって景気循環別に強いセクターがあるのでそれをまとめました。

ココがポイント

【不況期】
生活必需品、ヘルスケア、通信、公益株

【回復期】
ハイテク、金融

【好況】
資本財、一般消費財、サービス、素材

【後退】
エネルギー

バフェット太郎氏の本からですが、コロナ禍においては不況期にハイテクが強かったり、後退期にエネルギーが弱かったりなどあるため
調整しながらやっていこうと思います。

【不況期】
生活必需品 3
ヘルスケア 2
通信 1

【回復期】
ハイテク 3
金融 1

【好況期】
素材 1

【後退期】
エネルギー1

計算すると

不況期6 回復期4 好況期1 後退期1

ということで不況期を少し強めにして、回復期にも強いセクター配分としました。

 

サテライト戦略

サテライト戦略=資金の一部で高いリターンを狙う

こちらは個別株の勉強をして、ファンダメンタルなどを調べ短期~中期の投資をしようとしています。

あまりオススメはしませんが、適切な株を決算跨ぎすることで短期間に利益が出たりしますが

決算が良くても下がる場合もあるため、なかなかうまくはいきませんね。

しかし、ずっと保有するわけにはいかないため、損切や利確の明確なラインを決めておく必要があり、これが一番苦手な分野でもあります。

ここ最近では

イー・ガーディアン(6050)決算跨ぎを一応成功しました。

利益は35,000円程度なので、大成功ではないですが、大負けないことが重要なので成功してよかったです。

あと昨日値嵩株を仕入れたので、それも実際に成功もしくは失敗した内容を今後書きたいと思います。

 

この投資を続けることで老後の資産を作ることもそうですが、FIRE(資金をためて早期リタイアすること)目指していますので勉強しながら、実践して進めていきたいと思います。

まずは頑張って勉強していきます✊

ではこのあたりで✋

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

-投資💹
-, , , , ,

© 2021 Powered by AFFINGER5