投資💹

実践中 落ちるナイフを安全なつかみ方

スポンサーリンク

こんにちは

今回はただいま実践中の落ちるナイフのつかみ方を書いてみます。

おちるナイフというのは

証券用語になるのですが実際には

落ちてくるナイフはつかむな

意味:急落時の投資は落ちてくるナイフをつかむようなもので、どんなに魅力的な銘柄でもナイフが床に落ちてから、つまり底を打ったのを確認してから投資すべきという相場格言

また【上げ百日、下げ三日】と言われるほど下げ相場が早いのが普通です。

そのため落ちるナイフはつかまないほうが良く、実際には底をつけたのを確認した後でも遅くはないと様々なところで説明されています。

ですが、最近まだ下げる可能性がある銘柄を購入して元に戻ることで利益を得ようとしている銘柄を紹介したいと思います。

その銘柄は現状で買ってもコロナが終息すれば確実に元に戻るであろう銘柄であり、かつ財務優良銘柄が良いと考えます。

それは・・・・・・・

 

9020 東日本旅客鉄道(株)

一般名称 JR東日本ですね。

こうなメジャーな交通機関そう簡単に倒産しないですし、JRがなくなっても困りますので倒産リスクは限りなく小さいです。

この株の週足チャートはこんな感じです。

 

これを見ると2020年の10月30日が底値に見えますが、現状これが底値か分からないですね。

コロナショックで一時7060円まで下げた後夏にかけてされに下げて現状コロナショック直後位に戻った感じです。

個別株で買いたいところですが、コロナの影響でさらに5000円代に戻ることも考えられますので一気に買うのは危険ですし、単元株では68万円ほど拘束されるため

3年後位を目安に戻るなどがわかっていたとしても怖いですよね。

そのため落ちるナイフをつかむ方法の解答は

これです。

 

実際にネオモバで毎日でも3日に一回でも購入していくのが良いと思います。

現状新種も出ているコロナウイルスで打撃が大きかったこの業界。

いきなり元に戻るのは考えづらいでしょう。

であれば、コツコツ買い増して気づけば単元株に。気づけば利益にとなっていればいいと思います。

その中で一番のメリットは値動きを気にしなくていいというところです。

これは長期投資の圧倒的なメリットですのでこれを活かさない手はないと思います。

 

もう少し短期的な例ですが私は菅総理が誕生するときに一気に値下がりしましたこの株をネオモバでコツコツ購入しました。

この銘柄です

9433 KDDI

です。

チャートを見てみましょう!!

私は一気に下がる9月までは10株位しか保有していませんでしたが、9月の下げから毎日のように購入するようになりました。

今回は短期間で元に戻りましたので、単元株で購入していても損はしなかったのですが

コツコツ買い進めて現状は37株 平均保有価格2,987円となり現状で10,000円程度の利益が出ています。

現状は金額がだいぶ戻ってきましたので、買い増すのはストップして何かのタイミングで下がるようであればさらに買い増す方法にしようとしています。

今回の内容をまとめますとこうなります

 

ココがポイント

■長期投資に1株ずつ買えるネオモバはかなり有利

■1株ずつ購入することで精神的な負担がほぼなくなる

■コツコツ買い増して行けばかなりの確率で数年後の元に戻るような銘柄が狙い目

本当はJR東海が欲しかったのですがちょっと株価が高すぎてコツコツ買うにしても予算が足りないので、お手頃間のある

JR東にしました。実際にはJR九州も買っています。

JR九州は株価も安いので買いやすいのでオススメですが、株価が戻ってもある程度の値段が高い株の方が戻った時の利益も大きいので、

予算に問題がなければ金額が高い株の方が良いですね🎵

ということでこの内容またうまくいきましたら、ブログを更新しようと思います。

では✋

スポンサーリンク

-投資💹
-, , , , ,

© 2021 Powered by AFFINGER5