投資💹

楽しい楽しい米国株投資 サイバーセキュリティ銘柄 クラウドストライク(CRWD)を購入した件

2020年9月11日

スポンサーリンク

こんにちは。
震えるこころ(Twitter@kokorohurue)です。

今回は最近はまり始めてきた米国株について書きたいを思います。米国株投資については基本スタイルは安定高配当株を軸にするつもりです。私の目指すのはバフェット太郎さんのポートフォリオです。これですね↓↓【バフェット太郎さんの8月のポートフォリオより】

こんなきれいな綺麗な割合で持てるようになりたいです。
ちなみにこの前読んだバフェット太郎さんの本です↓↓おすすめです。

 

 

 

 

 

ということで米国株を勉強中なのですが、ポートフォリオの一部にグロース株やこれから伸びそうな株を入れていきたいです。

米国株は日本でいうストップ高、ストップ安などがなく下がるときはとことん下がりますが、上がるときはとんでもなく上がるものではあるので、リスクを覚悟の上扱っていきたいと思っています。(ちなみにリスクとは危ないということではなくふり幅のことです。両学長が最近よく使われています。)

その中で今回はクラウドストライクという企業を選んでみました。そして購入してみました。購入後のポートフォリオがこれです↓↓

震えるこころ
米国株のバリエーションもだいぶ増えてきました。利益が一番出ているのはウォーレンバフェットのバークシャーハサウェイです!

 

ココがポイント

①クラウドストライク (CRWD)
②サイバーセキュリティーの会社
③現状株価は128ドル前後
④ナスダックに上場している会社 セクターはITです。

ではいきましょう↓↓↓

 

なぜクラウドストライク?

なぜかというと先日、日経新聞を読んでいるとこのような記事が載っていました。

『サイバー被害、全員に通知 個人情報漏洩で企業に義務』
内容は政府の個人情報保護委員会はサイバー攻撃で個人情報が漏洩した企業に対し、被害が発生した全員への通知を義務付ける。違反には最高で1億円の罰金を科し、悪質な場合は社名も公表する。2022年春にも実施する。対応を誤れば訴訟リスクも高まり、企業は厳密な対応が必要になる

さらに東京海上がサイバー保険なるものを出すという記事を見て今後はサイバーセキュリティーが伸びるのかーと単純に思っていました。

その中でこのブログを書いているときに、ドコモ口座を使って、お金を引き出されていたという問題が・・・。何となく【セブンペイ】を思い出しました。
ドコモの件は勝手にドコモの口座を開いて、紐づけできる地銀などに口座がある場合勝手に紐づけして、勝手にお金をだす詐欺だそうです。世も末ですね・・・

四季報業界地図にもサイバーセキュリティの欄はかなり上位に出てきていますので今後伸びるというか、必要不可欠な分野になるのではと思っています。↓↓

会社四季報の業界地図では20年度後半 21年度共に🌞🌞晴れでした。コロナ禍でテレワークが増え重要性を増したのがクラウドセキュリティー。社内のシステムだけを守る姿勢から一転、ネットワーク全体を守る必要性が認識された。SaaS型の一段の成長が見込まれるとのこと

 

 

クラウドストライクの株価とチャート

ここ1年のチャートになります↓↓

伸びてます!!コロナショックも小さな穴ぼこ程度ですね。

ちなみに私は129ドルで指値をして購入できました(9/11)

業績も見てみましょう

売上高は順調に上がっていますが営業利益はまだマイナスですね。これからプラスになっていく企業ということでしょうか。まだまだ不勉強ですので今後勉強してこのあたりもわかるようになっていきたいです。

 

ちなみにこの会社の概要はサイバーセキュリティーのグローバルリーダーだそうです。会社を調べても詳しくはあまりよく分かりませんでした。

ですがこれからサイバーセキュリティという分野が必ず伸びると思いますので、今買ってもまだ遅くないと思い購入に至りました。ここ5年で10倍くらいにならないかーと思いないがら、おそらくそう簡単には売らないと思います。(会社が潰れそうだとかがあれば考えます)

ということ今後も購入した株をどんどん載せたいと思います。この企業をもっと知りたい方は他のホームページで見てみるといいですけど、正直よく分からないと思います(笑)

では今回はこのあたりで✋

スポンサーリンク

-投資💹
-, , , , ,

© 2021 Powered by AFFINGER5